大型バイク ハーレーにフォーカス

ハーレーのパーツはオークションや買取業者に売れる

ハーレー メーター

ハーレーはカスタムを楽しんでこそ。

ただバイクに乗るだけでなく、カスタムを楽しむのもハーレーのスタイルです。

しかし、カスタムをやりだすといらないパーツなどが溜まってしまいます。

そんなパーツを購入してくれる業者が存在します。

今回は、カスタムパーツやノーマルパーツをなるべく高く買ってもらうための方法についてご紹介します。

ハーレーのパーツが売れるのは「買取業者」や「オークション」

一番手っ取り早いのは買取業者です。お店によっては、出張買取などを行ってくれるところも多いです。

さらに買取業者の場合は、即金での支払いの場合も多いので、手早くお金にできるはメリットです。

あと少しでも高額で売りたいのであれば「オークション」などが便利です。

ヤフオクなどは利用者も多く、早めに売れるのと競争価格なので思わぬ値段で売れることもできます。

デメリットとしては、落札手数料がかかること、オークション期限や支払いまでに少し時間がかかるところです。さらに一品一品を自分で管理しなければいけないので、そこの面倒もあります。

自分にあった売却方法を選択しましょう。

汚れや傷はそのままで。

リア ヘルメット

バイクの売却と違って、パーツの売却ではポイントの違いがあるので注意しておきましょう。

汚れや錆に関して、見た目が悪いので、パーツの洗浄を自己流で行ってしまうことがありますが、間違った方法で洗浄してしまうとパーツの劣化を早めてしまう場合があります。

パーツの洗浄はプロに任せることが大切で、できるだけ現状の状態で査定してもらった方が良いです。

その関係で凹みや傷に関しても、そのままの状態で見てもらいましょう。見た目よりも大切な部分がパーツにはあります。

細かな付属品まで一緒に査定

「これいる?」という細かなパーツが重要であったりします。そのため、ネジなどの細かな部品一つ一つから大切に取っておきましょう。

実は、保証者や取扱説明書などの有無でも査定が変わったりする場合もあります。

どうすればいいのかわからない場合は、とりあえず一緒に査定してもらいましょう。

時期を逸しないようにしましょう。

パーツはいらないと判断したら、なるべく早く査定に出すのがポイントです。

パーツの価格は日々変動していて、型遅れになってしまうと価格が下がったり、値段がつかない場合もあります。

そのため、なるべく早く査定に出すのもポイントです。

また、まとめて買取に出すことで、ある程度値段をつけてくれる場合もあります。いらないという判断をしたのであれば、一括で査定に出すようにしましょう。

ハーレーの必要最低限の工具 おすすめ工具

乗車位置

ハーレーのメンテナンスやカスタムをするために、必要な工具は揃えておきたいものです。ハーレーで必要最低限の工具、あると便利な工具、インチサイズの工具などについてまとめています。

これだけは最低持っておきたい工具

ハーレーのメンテナンスに最低限必要な工具は以下のようなものになります。

電動ドライバー
ハーレーのオーナーでなくても、日常生活でドライバーは持っておいた方がいいアイテムです。電動式のもので、スタンドタイプが便利でしょう。
レンチ
ボルトを締める際に必要なレンチも必需品です。大きめのしっかりとしたものが作業しやすいですね。
ツールセット
レンチやペンチ、ハンマーなど、基本的な工具が1式入ったツールセットがあれば、1つ1つ買う手間が省けます。工具を入れておくケースに入った状態で売っているものが便利です。
ボルト・ナットセット
各種サイズの揃ったボルトとナットのセットも1式欲しいところです。こちらもケースに入ったものがおすすめです。
チェーンカッター
チェーン交換の際に必要なのがチェーンカッターです。工具セットの中に1つ入れておきたいアイテムです。

あると便利な工具

必需品ではありませんが、カスタマイズやその他メンテナンスであると便利な工具は以下の通りです。

はんだごて
電気系統の修理やメンテナンスには、はんだごてがあると役立ちます。バイク以外での活用範囲も広いので、1つ揃えておいて損はないでしょう。
サンダポリッシャー
面取りや清掃、錆びの取り除きなど、幅広く使えるサンダーもあると便利です。
磁石付きトレー
ボルトやネジなどが転がっていくのを防ぐ磁石付きトレーは、持っていると予想以上に活躍してくれます。なくても問題はありませんが、紛失したネジを探した経験がある人にはもしかしたらマストアイテムかもしれません。

インチサイズ対応工具について

ハーレー走行

ハーレーのパーツはインチ表記のものが多く、ミリ換算が面倒だったり、サイズがわからなくなりがちです。インチ対応レンチやボルトのインチサイズがわかる万能ゲージなど、インチサイズに対応している工具も揃えておくべきでしょう。

いかがでしょうか。簡単な点検や錆び取り、清掃といったメンテナンスをこまめに正しく行い、大切なハーレーのコンディションを保つためにも、必要最低限の工具は揃えておくべきです。ここで紹介したものに加え、カスタムや塗装など、用途に応じて工具を買い足していくとよいですね。